脱初心者!最強シーバス釣り入門

シーバスロッドの選び方と選ぶ基準

釣りの世界でロッドとは、釣竿のこと。餌釣りでは竿を竿と呼ぶのだが、ルアー釣りやフライフィッシングとなると竿を西洋風にロッドと呼んでしまう。はじめは何でもかんでもカタカナでいうのはどうかと思っていた私も、いつの間にかカタカナだらけの世界になれてしまった。(専門用語は釣り用語辞典なども参考にして覚えよう。)

 

最近のロッドは、対象とする魚を特定して開発・販売されているものが多く、どんどん細分化してきている。一昔前は、釣り人が自由に発想して最適なロッドを選んでいたのだが、今ははじめからシーバス釣りに最適化されたものが売られており、万能竿というジャンルの方が珍しいほど。

 

さて、入門段階の初心者は、いきなりロッドを何本も買うわけにもいかない。だから例えば、できるだけ1本のロッドを色んな釣りに使いたい。できたらエギングもチヌもメバルもシーバスも、可能なら青物まで狙いたい。このように考えるのではないだろうか。

 

OK。気持ちはわかる。シーバス専用のロッドとして売られているものでも、それはシーバス釣りで使いやすいというだけで、当然に他の釣りに応用できる。しかし、まずはどのような竿を選べばいいのかを自分で判断できるようになるために、次で少しだけ勉強しよう。

おすすめ入門シーバスロッドは、8〜9フィート

釣り竿は8フィートから9フィートぐらいが扱いやすい。1フィートは30cm。ということは、9フィートサイズのロッドは約2m70cmの長さだ。

 

短いロッドでは不利な戦いをしいられ、ストレスも溜まる。
かといって、長すぎるロッドも初心者には使いにくい。

ブラックバス用の竿をシーバス釣りに流用する人も多いが、バスロッドは若干使いにくい。短いロッドというのは5〜6フィートの短いロッドのことっだが、東京湾岸のようなところでは足場が高い場所が多く、自分の足下までルアーを引っ張ってくるのが難しくなる。遊歩道のようなところでは、落下防止の柵があり、さらに干潮のときなら難易度は上がる。6フィート前後のブラックバス用ロッドでもシーバスゲームができないことはないが、んー、やっぱり飛距離が稼げないしだめだろう。

 

では、長いロッドはどうだろうか。シーバス用のロッドは、長いもので10フィート、11フィートぐらいのものが売られている。長いロッドは飛距離が稼げるので、他人にには到底投げられないポイントを攻められる利点がある。しかし、これらのロッドは、背後に障害物がない広い場所、河川に立ち込んでする釣り(ウェーディング)などで使うもの。このウェブサイトが第一歩として挑戦する陸っぱりからのシーバス釣りには不向きだ。それにそもそも釣り自体が初めての初心者には短ければ短い方が使いやすい。さらにいうと、長いロッドは、ロッドアクション(竿を動かしてルアーをちょんちょん動かす)をつけにくくなる。

 

ある程度シーバス釣りになれてきたら、あなたがロッドに求める性能や特徴がでてくるはずだ。あるいは、性能と予算のバランスも自分で考えられるようになってくる。ここでは、まだ釣りに行ったことが無い人、これから道具を揃える人に参考となるように書いていると思ってくれたら良い。釣具店オリジナルの格安入門セットを買ったが、いよいよこれから本格的な道具を揃えていきたいという人も参考にしてくれたらうれしい。

 

 

飛距離、使いやすさ、汎用性などを考えると8.6フィートがベストな選択

シーバスロッドの数字・アルファベットの読み方

シーバスロッドのスペックは、カタログやウェブサイトで見ることができるし、ネットショップでも商品情報として必ず書かれている。リアルの店頭ではロッドの柄の部分に印字してあるので簡単にわかる。釣り竿を新しく買うときには、これらの数字やアルファベットの見方を知っておかなければ話にならない。

 

型番の数字はロッドの長さを示している。

これは簡単だ。902は、9フィートのロッド、862は、8フィート6インチのサイズを示している。ほぼ全てのメーカーがインチで表示しているので初めのうちは慣れないが、これだけ覚えおけば大丈夫だ。1インチ=30cm。6フィート=0.5インチ=15cm。9フィートのロッドは約2m70cmの長さということになる。

 

そして、1の位の数字は継ぎ数を意味する。つまり、902と862のロッドは両方とも2本継ぎ(2本をつないで1本にする)タイプのロッドである。なかには4本継ぎのロッドや、6本継ぎの小継ぎロッド(コンパクトに収納可能なタイプ)もあるが、現在は大半のロッドが2本継ぎのロッドである。3メーター近いロッドのちょうど真ん中で二つに分割でき、収納運搬できるようになっている。

 

アルファベットは、ロッドの硬さ(柔らかさ)を表示している。

統一規格はないので別のメーカーとの単純比較はできないが、だいたい同じようなもの。
メーカーによって、若干の表示の仕方に違いがあるが、UL L ML M MH H XH と表すのが一般的。

UL L ML M MH H XH

ウルトラライト

ライト

ミディアムライト

ミディアム

ミディアムヘビー

ヘビー

エクストラヘビー

ウルトラライトは、メバルやアジを狙うもので、小さくて軽いワームやルアーをキャストするのに最適な設計がされている。逆に、エクストラヘビーは、大物青物を狙うロッドで120gのメタルジグをフルキャストするような設計だ。アオリイカのエギングではMHぐらいが好まれる。シーバス用でよく使われるのは、L、ML、Mだ。今は、Mのロッドは重たいメタルジグやバイブレーションを多用する人だけのものと思っておけばいい。一般的なシーバスフィッシングではLもしくはMLのロッドがベストの選択だ。

 

ロッドの本体には、適合するルアーの重さと最適なラインが書かれている。

ロッドには、そのロッドで快適に投げられるルアーの重さと快適に操作できるラインの強さが表記されている。型番をみれば長さと硬さが分かるので、使うべき場面もだいたいわかる。適合重量は念のためにチェックする意味でみるとよい。全てのロッドで幅のある記載になっていて、それを目安に判断することになる。あくまでも目安なので、範囲から外れるルアーでも投げにくいだけで投げられないことはない。

 

【表示例】

ルアーウエイト 7g〜21g  /  Lure Weight(g)/5-28

 

ライン 10〜20lb  /  適合ライン:PE1.5−3号  /  Line(lb)/6-16

 

シーバス用のルアーは、軽いもので7g前後だ。海面、表層、表層直下を狙う釣りではフローティングミノーと呼ばれる浮かせて使うルアーを多用する。水に浮くルアーだから軽い。だいたい7g〜15gぐらいまでが通常だ。希に使用するワームというゴム製ルアーは、ジグヘッドと呼ばれる重りのついた針をセットして使うがそれも7〜12g程度の重さだ。

 

シーバス釣りで重たいルアーを使うのは、深いところへ沈めるボトム攻略や、遠くへロングキャストする場合だ。そのようなときに使う重たいルアーは30g前後のものがある。バイブレーションルアーと呼ばれる種類のものだが、15g前後のバイブレーションにも遠投性にすぐれているものがある。したがってここでは重いルアーの遠投は必須の要素ではないと言い切っておこう。

 

結局のところ、自分が良く行くポイントがどういう場所かによって、どういうルアーを投げる必要があるかが決まってくる。そして、その類のルアーを投げるために最適なロッドが決まってくる。この考え方は当然のことなのだが、この判断を初心者や入門者に強いることはできない。そもそもどのような場所でシーバスが釣れるかがまだよく分からないわけだし、アクセス可能な範囲にどのような地形の釣り場があるかもまだわからないから。そこで、このウェブサイト(最強シーバス釣り入門)では、一般的な釣り場でするシーバス釣りを考えて、その釣り場で人気のルアーが快適に投げられるロッドを推薦することとする。どのような釣り場があるかをこれから買うロッドとともに探索する人は、オールマイティーに使える8.6フィートのML(ミディアムライト)を買っておけば間違いない。

 

1本目のロッドは、オールマイティーな8.6フィートのMLで決まり

 

なお、かつては9フィートのL(ライトアクション)ロッドが様々なシチュエーションで使えるから入門者には最適だと言われていた。しかしそれは一昔前の話。近年はデイゲームの手法が確立されてきており、たとえばやや重めのバイブレーションタイプやブレードタイプ(スピンテール)のルアーを遠投して早巻きしたり、ストラクチャー(構造物)まわりをタイトに攻める釣りをすることが求められることもある。また、昨今のシーバスブームの影響で、人気ポイントでスレたシーバスはルアーに反応しにくいときがあり、ロッドアクションによってルアーをイレギュラーに動かして食わせてやるような釣りが必要になる。したがって、やはりコントロール性を重視して9フィートより少し短いもの、そしてLより少しパワーがあるML、つまり8.6ftのMLが初めの一本として最適だといえる。

予算別・入門者用おすすめシーバスロッド

最後に予算の問題がでてくる。ルアーフィッシングにおけるロッドは、ルアーをキャストして、シーバスとやりとりをして衝撃を吸収しながら寄せてきてランディングするという最も重要な道具だ。選ぶにあたっては、遠投性能、コントロール性能、ロッドアクションのやりやすさ、それから感度などが考慮要素となる。ただ、予算の制約が性能の上限を画するので、結局は予算を基準にして選んでいくしかない。

 

シーバス釣りでは、ロッドは一番大きな道具。だから一番金がかかりそう。しかし、当サイトの考え方は次のようなものだ。限られた予算のうち、まずはできるだけリールに金をかけよう。そして予算の残りでできるだけ良いロッドを買おう。ルアー釣りは、餌釣りとはちがって釣行時間中に延々とキャスティングし続けることになる。糸が絡むトラブルはつきものであり、糸が絡むトラブルはロッドの性能よりもリールの性能に由来することが圧倒的に多い。しかも、ロッドはテトラポッドやコンクリートにぶつけたり、車のドアで挟んでしまったりしたときに簡単に折れてしまう。ブラックバス釣りのような短いロッドではないので、3メートル近いロッドに不慣れな初心者段階ではこのような折れ、破損に対する警戒も必要だ。かかったシーバスが大きいときは玉網なしで無理に抜き上げようとしたら折れるし、根掛かりしたルアーを回収しようとして無理にロッドを煽ったり引っ張ったりしたら折れる。端的にいうと入門段階ではロッドを折ることがあるから安いロッドでよい。ロッドを安く抑えた分をリールの予算に回したほうがストレスのないシーバスライフが送れると確信している。

 

下の表にまとめたのは、主要メーカーのおすすめシーバスロッドのうち3万円以下のもの。いずれの商品もいわゆるブランドメーカーものなので性能も評判もよい。( )内の価格は大まかな実勢価格の目安。最安値やメーカー希望小売価格等の表示ではない。ここの表に登場しないメーカーのものでもおすすめのロッドはあるが、入門段階のロッドだから近所の釣具店で入手しやすいものやネットショップのセール対象になりやすいなどの理由で絞り込んである。3万円以上のロッドは、各メーカーのフラグシップモデルとそれに準じる高性能ロッドのカテゴリーになる。

 

一般的な傾向は、ロッドの値段が高くなればなるほど、軽く、丈夫で、振り抜けが良く、良いガイドが付いていて、感度がいい。予算が許すならKガイドという糸がらみ防止機能がついているダイワ・ラテオパイレーツ、シマノ・ディアルーナ、ダイコープレミア等を狙いたい。迷ったら、最終的にはデザインやネーミングで選べばよい。好きなデザインのロッドなら使い込むほどに愛着がわき、使い込むことで最高の一本になる。もちろん上で書いたようにリールの予算をまず確保するので、ロッドは安いものでもよい。ロッドとリールのメーカーを統一する人がおおいが、シビアな相性問題等は発生しないので自由に組み合わせて良い。

 

価格帯別 おすすめシーバスロッド 3万円以下クラス

ダイワ シマノ 他メーカー

リバティクラブ 86L
(6,000〜)

ルアーマチック S86ML
(5,000〜)

 ※1

クロスビート 862MLFS
(8,000〜)

ソルティースティック S806L
(8,000〜)

クロステージ CRK-862ML
(メジャークラフト・10,000〜)

シーバスハンター 86ML
(9,000〜)

ムーンショット S806ML
(12,000〜)

ソルティーステージ・シーバス SSS-862L
(アブガルシア・14,500〜)

ラテオパイレーツ 86ML
(15,000〜)

KGエボリューション KGS-862ML
(メジャークラフト・15,000〜)

ディアルーナ S806ML
(18,000〜)

プレミア PMRS-88ML
(ダイコー・18,000〜)

ラブラックス F86ML
(26,000〜)

ゲーム AR-C S806
(25,000〜)

ラグゼ チータ R 86ML
(がまかつ・23,000〜)

ダイワ シーバスロッド 一撃 最安値チェック!
シマノ シーバスロッド 一撃 最安値チェック!
その他有名メーカー シーバスロッド 一撃 最安値チェック!

 

※1の領域の商品は、ノーブランド、メイドインチャイナ、問屋もの、ショップオリジナルなどたくさんの種類がある。品質もそれなりだが1980円ぐらいから買える。とにかく安いモノが好きな人は、8フィートから9フィートぐらいのロッドで探してみて欲しい。>> 楽天でチェックしたらこんなにたくさんヒットしたよ。

 

 

 

 

電車、バイク、自転車でランガン!

都市部の釣り場には駐車場の問題があるから、できるだけ車で出撃したくない。電車通勤で都心に行き、仕事が終わってから都心のベイエリアでナイトゲームを楽しみたい。このような人には、振出しタイプのロッドをおすすめする。モバイルロッド、パックロッド、テレスコタイプ、テレスコ式、小継ぎタイプ等と様々な呼び方があるが、小さく収納できる種類のロッドだ。スペック表に記載されている仕舞寸法(しまいすんぽう)を参考にしよう。

 

ここでは最新の情報に基づいて、次のロッドをおすすめしておく。

 

ガルプ! ガルプスティック
タカミヤ モバイルキャスト
アルファタックル トラギア
シマノ トラスティック

 

ダイワのクロスビートにもテレスコモデル(振出しタイプ)があるが、仕舞寸法が70cm〜でちょっと長い。

将来的な話

ゆくゆくは、自分のマイシーバスポイントを育てていこうという本サイトの考え方からは、色んなポイントを巡ってみて、やってみて、やがて自分が好きになったポイントができる。そのようなシーバスポイントに最適なロッドを選びたい。やがて欲しくなってくるロッドの性能がでてくるはずなんだ。広い場所だからもっと飛距離がほしいとか、テクニカルな釣りをしたいからもっとロッドアクションがやりやすいものが欲しいとか、軽くて感度の良いモノがいいとか、電車移動で持ち運べるものがいいとか。そのようなときに、またここのスペックの見方をみて、最高の一本を買うようにしたらいい。

 

このウェブサイトの卒業記念に一本買えばちょうどいいだろうね。

ナチュラム 釣りもキャンプも大量値下げ!

ナチュラムは、しばしば在庫整理の爆安セールやってるので見逃さないように


 
HOME